ビジネス

テクノロジー
「クワイエット・プレイス: DAY1」を観て思った「自分ごと」として考えることNew!!

先日、「クワイエット・プレイス: DAY1」という映画を観て、マーケティングやプロモーションにとって大切なことについて考えました。

テクノロジー
毎日1億本がリサイクルされず捨てられているペットボトルの未来

EUで、2024年7月よりペットボトルのキャップを一体型にする規制がスタート。一方で世界で廃棄されるペットボトルは年間約5,000億本……。

ビジネス
YouTubeチャンネル始めました:Adobe Audition / AfterEffects / Premiereを使った動画制作プロセスのご紹介

この度、「元祖・怖い話協会」というYouTubeチャンネルを始めました。今回は、その制作プロセスをご紹介します。

テクノロジー
AI最適化もSEOも、やるべき施策は変わらない

「SEOはもう終わりなのか」「今や生成AIに最適化する必要が……」しかし結局のところ、わたしたちがすべきことは既に決まっていたのです。

プロモーション
「AIが人間の仕事を奪う」のではなく「AIが人間の仕事を生み出す」と思う理由

Adobeのソフトに、昨年より生成AI「Adobe Firefly」が加わりました。老舗デザインツールにAIが導入されたことを、わたしはとてもポジティブに捉えています。

プロモーション
流行りものには価値がある?その価値は、ホンモノ?

メタバース、生成AI、ショート動画、NFT……流行している技術やサービスには、常に「流行っている」こと自体が価値であるような錯覚を起こさせる危うさがあります。

プロモーション
「デザイン」とは、「相手のことを深く考える」こと

「デザイン」という言葉から、あなたが連想する仕事は、いったいどんな仕事でしょうか。デザイナーにもいろんな職種がありますが、実は根本の考え方は同じです。

カルチャー
日本のポピュラー音楽はアニメとボカロで支えられている

2023年度のJASRAC分配額ランキング上位10曲のうち6曲がアニメソングだったことが話題になりましたが、ボカロPの活躍も忘れてはなりません。

プロモーション
【大企業向け?オワコン?】デザイナーが考える「デザイン思考」

ビジネス業界で大きな期待を集めたデザイン思考に、「オワコン」の噂。本当のところを、デザイナー目線で探ってみました

プロモーション
「公式アカウント」に依存せず「自分のサイト」をしっかり育てよう

ソーシャルメディアでの「公式アカウント」は、企業にとって便利に使えますが、「自分のサイト」をおろそかにしてはいけません

テクノロジー
お金をかけてまでデザイナーにデザインしてもらう意味ってあるの?

今では便利なデザインツールを使えば、販促物やウェブサイトのデザインは誰でもできるもの。では、わたしたちデザイナーにデザインを依頼する理由はあるの?

プロモーション
偽の合意効果「フォールス・コンセンサス」を回避する唯一の方法

「フォールス・コンセンサス効果」という言葉をご存知でしょうか。日本語で「偽の合意効果」と呼ばれる、「自分の考えや好みが、周りのみんなも同じだと思い込む」傾向を指す言葉だそうです。

テクノロジー
誰でもGA4が使いこなせる「生成AI」活用術!

GoogleアナリティクスがGA4にバージョンアップ以降、使いこなしに苦労されている方が多いようですが、実は生成AIを活用すると一気にハードルが下がるのです。

エンタメ
メタバースは流行ってないが、失敗でもオワコンでもない

コロナ禍で「メタバース」が話題になって数年。盛り上がりに欠ける理由は?メタバースは本当に「オワコン」?

プロモーション
広告を出すなら、まずはウェブサイトを最適化すべし!

ウェブ広告は、旧来の広告と比べてターゲットを絞りやすく、効果が見えやすいことが大きな理由となっていますが、ネット広告には「情報がない」ということを見落としてはいけません。

プロモーション
投資と広告は「時間をかけて改善を続ける」のが勝ち筋

2024年より新NISAが始まり、これをきっかけに投資を始めた人も多いかと思いますが、投資と広告、これってちょっと似てませんか?

社会
あなたの会社にウェブサイトがあるなら「障害者差別解消法」と「ウェブアクセシビリティ」について把握しておこう

改正障害者差別解消法、と言われても、多くの方には馴染みがないかも知れませんが、実はウェブサイトを持つすべての人に関わる大事な法律です。

プロモーション
iPad Proの「Crush!」は、初期iPodプロモーションにおける「焦り」と似ている

アップル社によるiPad Proの過激なCM動画が話題となりました。その過激さの根っこには、iPod時代に通じるアップルの「焦り」が垣間見えます。

ビジネス
「メディア」と「媒体」、実は「広告主」と「ユーザー」で言葉の意味が変わります

「メディア」を日本語訳すると「媒体」。二つは同じ意味を指していますが、実は両者の間には深刻な「齟齬」があったのです。

カルチャー
電車内のデジタルサイネージが「テレビ化」してきているが……大丈夫?

鉄道会社が積極的に取り組んでいる車内サイネージ。でも、行き過ぎると……。

社会
常に新たなファンを生み出し、新鮮であり続ける「ハイチュウ」を目指そう

森永製菓のソフトキャンディ「ハイチュウ」が、来年50周年を迎えるそうです。そんなハイチュウがリニューアルされたことをご存知でしょうか。

社会
なぜミャクミャクはみんな知ってるのに大阪・関西万博には誰も興味がないのか?

2025年の開催を控える大阪・関西万博。イマイチ盛り上がりに欠けるのは、内容の問題ではなく「プロモーション」の失敗に原因があるのではないでしょうか。

ビジネス
低予算で非効率な日本映画が、アカデミー賞を獲得できた理由

今年のアカデミー賞では、日本の作品が2作品受賞しました。他のノミネート作を抑えて受賞できたその理由は?

カルチャー
嘘が笑えない時代が迎える、エイプリルフールの終焉

今日はエイプリルフール。みんなが嘘をついても良い日と言われてきましたが、今の時代にはもう存在意義がないのかもしれません。

社会
車椅子の方が映画館を選ぶ権利は、改正障害者差別解消法によって守られるのか?

ある車椅子の方が、映画館で受けた悲しい対応。改正障害者差別解消法によって、このような問題は解決されていくのでしょうか。

プロモーション
インスタ、TikTok、LINE……プロモーションの「大きな流れ」に、あなたも乗るべき?

広告よりも口コミ、Google検索よりもSNS。確かにそれは「大きな流れ」ですが、だから「広告は終わり、Google広告はダメ」とは限りません。

ビジネス
あなたの「Web広告に対する不満や不信感」、原因は「ランディングページ」に!?

「Web広告で成果が出ない」「Web広告をやっていたが、費用対効果が悪いのでやめてしまった」という方、ランディングページは改善しましたか?

ビジネス
あえて無駄な会議をすることで新規事業を立ち上げた

いかに会議を効率化させるか、大手に限らず、多くの企業が苦心していますが、わたしたちはあえて非効率な「自由な会議」をおススメします。

エンタメ
「新品」よりも「中古品」? 今後の再販ビジネスの肝になるのは「NFT」かも

最近、街中に、使用済みの商品の販売や買い取りをしているお店が増えた気がします。

ビジネス
偶然につながる現象・セレンディピティを求めて

最近、仕事を探し求めて営業活動をしていて思うのは、仕事はセレンディピティでしか増えないのではないか、ということです。

ビジネス
「良いデザイン」か「悪いデザイン」か:最もシンプルな二つの基準

わたしたちにとっての「良いデザイン」の基準は、一つは「十分に機能する」こと。もう一つは「景観を守る」ことです。

プロモーション
誰かから何かを買うとき、大事なのは「何を買うか」ではなく「誰から買うか」

わたしたちは、誰かから何かを買うとき、「何か」より「誰か」の方を大事にしていることが少なくないのかもしれません。

プロモーション
「手段」よりも「目的」を先に決めるべき……とは限りません

プロモーションにおいて、「目的」と「手段」が整理されていないことで、思ったような成果が出せないことがあります。

ビジネス
デザイン会社にコンペを依頼する時、提案依頼書を作れば成果が上がる!

コンペによって望みどおりのクオリティの提案をしてもらうためには「提案依頼書をしっかり作ること」が重要です。

プロモーション
「冷蔵庫の女」から考える、企画・提案の本質

映画の作劇に使われる「冷蔵庫の女」という言葉。その意味を知ると、わたしたちの仕事における企画や提案との共通点が浮かんできます。

ビジネス
ミッキーマウスの著作権保護が切れて自由に使える(日本でも?)

ミッキーマウスの著作権保護期間が2023年に切れ、今年から自由に使えるように。でも、よく調べてから使わないと……。

プロモーション
人間の行動心理を知るために必要な「客観的な視点」

わたしたちの仕事は、「どうすれば人はお客さまの商品や技術・サービスが欲しいと思ってくれるのか」を考えることです。その時必要なのは、「わたしだったらこうする」ではなく、「客観的な視点」です。

おすすめ
ネット広告の運用で効果を上げるためには、「サイトの解析→改善」は不可欠です

ネット広告は、比較的気軽に使える販促ツールです。しかしお手軽さゆえに、「ネット広告以外の仕事」の重要さが見落とされがちです。

ビジネス
デザインの費用って、いくらぐらい? 答えが不明確な理由

わたしたちの仕事は、形のある商品や多人数に向けたサービスなどと違って、金額が明確ではありません。ひとつひとつ、お客さまのご要望に合わせて作るものです。では、これはどこまで明確にできるものなのでしょうか。

プロモーション
映画に感化されて時計を買ってしまいました

映画やドラマなどの作品中に実在の商品を登場させることで、メーカーなどが宣伝効果を高める「プロダクト・プレイスメント」。普段、その手の手法にハマったことのないわたしが思わず買ってしまったのは「腕時計」でした。

ビジネス
「コスパ」「タイパ」が叫ばれるのに、ヴィトンの商品はなぜ売れる?

必要なものは易々と手に入り、多くの娯楽がタダもしくはタダ同然で消費できる現代において、「コスパ」「タイパ」を追求することは正しいのでしょうか。

ビジネス
「クワイエットアワー」「WATSON AI」から考える、他者への理解の困難さと大切さ

「合理的配慮の提供」が義務となる改正障害者差別解消法は、2024年4月に施行されます。お店もウェブサイトも、お客さまのことを本当に考えているのか、その真意が問われます。