沢山のご来場ありがとうございました!「“いい音”を聴こう!ピュアオーディオ視聴会・出張編@UrBANGUILD」レポート

2月20日、epokで行いました前回の視聴会より約8ヶ月ぶりの「“いい音”を聴こう!ピュアオーディオ視聴会・出張編」を、京都は木屋町にあるライブハウス・UrBANGUILDで開催いたしました。

17時頃に会場に着くと同時に、三浦社長・浅井さんのA&Mチームも機材を積んだ車で到着。早速会場内に機材を運び込み、セッティングを開始。

今回はATM-1SATE-2T-01WADIA581に、現在開発中というMSM-1の後継機にあたるフルレンジのスピーカー、というオーディオセット。約1時間でほぼ全体のセッティングは終え、その後スピーカーを舞台の上に奥か下に置くかで試行錯誤した後、最終的に舞台前の床に置いて完了。開場まで、試聴音源をチェックしていました。本番ではかけず、開演前に小さい音で流しただけでしたが、テニスコーツの「ときのうた」は、UrBANGUILDと真空管オーディオシステムの組み合わせで聴くと、より一層感動的でした。

この日は物販に、ほ〜ぷ軒わくわく試聴会でもお世話になっている杉本くんに、事前にA&Mの試聴室でチェックした録音の良かった作品を並べてもらいました。ついでに、A&Mブランドのアナログ盤も。

19時の開場と同時に、お客さんが続々とご来場。いつもだと、開演時間前後にようやく集まり始める、というのが視聴会の傾向だったんですが、あっという間に10人くらいのお客さんが飲食したり談笑したりととてもいい雰囲気に。正直、開演直前までガラガラだと壮絶に不安になるので、早く来ていただけるとホッとします(笑)。

19時半、ほぼ定時にイベントをスタート。始めはいつも通り、これまでの視聴会の経緯の説明やオーディオシステムの簡単な解説をして、三浦社長の方から様々なレコードをかけてもらいました。

フランク・シナトラハリー・ベラフォンテジョーン・バエズライオネル・ハンプトンオスカー・ピーターソン……と、お馴染みの名演・名録音を、音楽やレコーディングなどに関するあれこれを三浦節で語りながら聴いていただきました。ベラフォンテは五回目の視聴会以来久々に“Matilda”をノーカットでお送りしました。終演後に感想などをお聞きしてると、最後のオスカー・ピーターソンが特にインパクトが大きかった印象ですね。

そして後半は、三浦社長と浅井さんはステージを降り、僕一人で(UrBANGUILDの舞台に一人で立つなんて、自分でもええ度胸してるなというか身の程知らずだなと思いましたが)進行。アナログレコードをかけていた前半からうって変わり、CDをかけるコーナーです。ここでは、ほ〜ぷ軒から商品をお借りして、UrBANGUILDで録音された、アーティストも録音エンジニアも違う3つの音源をかけました。

まずは、西川文章さん録音による三田村管打団?。続いて東岳志さん録音による3月33日をお聴きいただき、そしてUrBANGUILDのPAエンジニアでもある粕谷茂一さん録音による長谷川健一をかけた流れで、茂一さんに舞台に上がっていただき、本作のレコーディングについてや聴かれた感想など、色々お話をお伺いしました。UrBANGUILDのPAエンジニアでもあり、レコーディングエンジニアでもあり、実はオーディオマニアでもある茂一さんだけあって、話は多岐に渡り、その流れのまま、最新のUrBANGUILD/茂一さん録音であるswimmの新譜をかけさせていただきました。

その後、swimmのレコーディングについてのお話などを訊きながら、そのままエンディングへ。一旦中締め、という感じで、この後はお客さんのお手持ちの音源をかけるコーナーとさせていただきました。マイクを置いた途端、舞台上の僕の前に列が出来てしまってびっくり(笑)。CDプレーヤーの読み込み精度の問題や、本編の後半が少し押してしまったために時間がなく聴いていただけなかった皆さん、申し訳ございませんでした。また次の機会にぜひ。

平日の夜、しかも2月はイベント全般的に集客が厳しいと言われる中で、特に寒かったこの日にいったいどれだけの人が遊びに来てくれるんだろう……と、当日開場するまでずっと不安だったんですが、舞台上で進行している間にも続々とお客さんが来られて、最終的には30人超の方が来て下さったということで、昨年の旧グッゲンハイム邸での視聴会に迫る沢山の人たちに集まっていただけました。今まで大阪・神戸での視聴会の時は距離的に行けなかった、という京都の人たちや、F.M.N. SOUND FACTORYの石橋さんやキツネの嫁入りのひさよさん、ゆーきゃんさんといった京都の音楽シーンを支える方々も来られていて、京都でやって本当に良かったな、と改めて思いました。もちろん、神戸から来られた人も含め、遠くからわざわざ足を運んで来て下さった方々もいらっしゃり、もういくら感謝しても感謝しきれません。

イベントとしては、前半のレギュラー的な内容をしっかりやりながら、後半で現代録音の、しかも関西で活躍する3人のエンジニアさんにフォーカスした試聴ができたこと、そして茂一さんと「録音した場所で、録音した音源をピュアオーディオで聴いて、録音した人がそれについて話す」ということが出来たのも、大きな成果だと思っています。以前西川文章さんにお話を伺った時もそう思ったんですが、エンジニア目線の話を、“いい音で”聴きながら伺うのはとても面白いんですよね。それで去年の11月には別のイベントで、実際に録ったものについて文章さんにもお話ししてもらったんですが、それを“会場縛り”でやろうと思うと、録音ソースも色々揃ってないといけないし、エンジニアさんにも来てもらわないといけない、そして何よりその会場をお借り出来なければ実現不可能……そんな条件を奇跡的に全てクリアできたという感じでした。多分こんな事は二度と出来ないでしょうね。世の中的にも、こんな事誰もやったこと無いんじゃないでしょうか。加えて、物販も連動してましたしね。

イベントの最後に、「関西には茂一さん、東さん、文章さんといった、音にこだわりを持ち、真剣に取り組む名エンジニアさんが揃っていて、その方々の音を堪能出来る我々関西人は実に幸福だと思う」というような話をしましたが、実際、前半でかけたような録音は、機材の問題も含めて最早不可能だと思っています。今の機材、今のノウハウで、どれだけの音が録れるのか。それをどう模索していくか、ではないでしょうか。茂一さんは「デジタルの未来に全く悲観していない」とおっしゃっていましたが、そんな茂一さんのような方々が、「今の時代の“名録音”」を生み出すその一翼を担っているんだと思います。この日の後半で聴いていただいた“21世紀の音源”には、ノスタルジーでも古典でもない、新しい音の世界を築いていくための重要なヒントが沢山詰まっているのではないでしょうか。少なくとも僕は、そんな思いで選曲しました。

というわけで、神戸・大阪・京都と続いた「“いい音”を聴こう!ピュアオーディオ視聴会・出張編」も、これにて終了です。いつかまた、どこかの街でお会い出来ればいいなと思います。

素敵な場所と時間を提供して下さったUrBANGUILDの皆さん、今回も最高のトークと最高の音楽をご提供くださった三浦社長と浅井さん、たくさんのCDを用意してくれたほ〜ぷ軒杉本くん、大変寒い中お集まりいただいたお客さん、そして、京都での視聴会の実現の橋渡しをして下さったキツネの嫁入りのマドナシさん、本当にどうもありがとうございました!

いい音を楽しむオーディオBOOK (SEIBIDO MOOK)
いい音を楽しむオーディオBOOK (SEIBIDO MOOK) 上田 高志

成美堂出版 2011-12-02
売り上げランキング : 57320

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ついに京都での開催が実現!「“いい音”を聴こう!ピュアオーディオ視聴会・出張編@UrBANGUILD」

2010年から、若い音楽ファンに「いい音」で音楽を聴く楽しさを体験してもらうために始めた「“いい音”を聴こう!ピュアオーディオ視聴会」

約1年続け、その後しばらくのお休みの後、今年は「試聴室で待ってないで、音楽が鳴る現場へ乗り込もう」と“出張編”をスタート。旧グッゲンハイム邸epokと、高槻の僻地にいては出会えなかった沢山の人たちに「いい音」に触れていただくことができました。

そんなepokでの視聴会から随分経ちましたが、その間に、僕(石黒)はDSD試聴会をやり、秋からは、アサヒステレオセンターさん、HOP KEN杉本くんと共にepokで「“いい試聴機”で聴こう!ほ〜ぷ軒わくわく試聴会」という、これまでの視聴会よりもさらにソフトに寄った派生イベントをスタートしました。

そして来年、久々に「“いい音”を聴こう!ピュアオーディオ視聴会」が帰ってきます。
場所は、京都・木屋町のUrBANGUILD
最初の出張視聴会を行った旧グッゲンハイム邸と並ぶ「ご飯が美味しい、最高に居心地の良いライブスペース」として僕(石黒)が大好きな場所。そんな最高の会場で視聴会ができることになりました。個人的には、「満を持して」という感じで、かなり気合い入ってます。

神戸、大阪と続いて京都、ということで、今回は「出張視聴会・三都物語」の完結編です。
1年以上かけての関西ツアーのファイナル、というような感じですね(笑)。

三都視聴会の最後ということで、この日はこれまでの反省やほ〜ぷ軒わくわく試聴会での経験も活かし、これまでの視聴会の集大成となるような内容にしたいと思っています。

というわけで、京都の若き音楽ファンの皆さん、ご来場お待ちしております!

日時:2013年2月20日(水) open 19:00 start 19:30
ホスト:三浦篤(A&M LIMITED
司会・進行:石黒亮(Planning ROCKETS)
会場:UrBANGUILD
京都市中京区木屋町三条下がる ニュー京都ビル3F
e-mail: urbanguild@w7.dion.ne.jp
京阪三条から西へ進み木屋町通りを南に約150m
料金:無料(ドリンク代500円別途)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

いい音を楽しむオーディオBOOK (SEIBIDO MOOK)
いい音を楽しむオーディオBOOK (SEIBIDO MOOK) 上田 高志

成美堂出版 2011-12-02
売り上げランキング : 57320

Amazonで詳しく見る by G-Tools

世界一アットホ―ム?!「“いい音”を聴こう!ピュアオーディオ視聴会・出張編@epok」レポート

2012年4月14日。
前日の夜から続いた雨は朝のうちに止み、暖かい日も射し始めた春の昼下がり。大阪は松屋町にあるイベントスペース・epokにて「“いい音”を聴こう!ピュアオーディオ視聴会・出張編」を開催いたしました。

午前9時。高槻のA&Mオフィスへ向かい、epok運営スタッフであり、今月からepok内で営業開始したCDショップ・ほ〜ぷ軒(営業時間:平日/15:00〜21:00、土日祝/13:00〜21:00、定休日:火曜日&不定休。関西の音楽ファンはみんな遊びに行けばいいと思います。面白い発見がありますよ)店長でもある杉本くん、A&Mの浅井さんと共にオーディオ機器を杉本くんの車に詰め込み、一路松屋町へ。

epokは多目的スペースなので、基本的には何も無い”四角いハコ”です。常備しているのは隅にあるほ〜ぷ軒のCDコーナーと本棚、毛足の長い赤い絨毯とソファ。この日も入った時には既に赤い絨毯が敷かれている状態でした。始めは、そこに椅子を並べる予定にしていたんですが……。

今回は前回の出張視聴会で使用していたオーディオラックを持ち込まず(やたら重くて大きいので)、epokにあるテーブルを借りることにしていたんですが、用意してくれたテーブルは、高さ20〜30cm程度。低っ。

「これにターンテーブル置いたら、地べたに座り込んでレコードかけなきゃいけないな……あれ?持ってきたスピーカースタンドも意外に低い。よし、じゃあいっそのこと椅子は一切使わずに、皆で地べたに座って聴いてもらおう!」

とその場で趣旨を変更。この方向性に決めた時点で、「今日は楽しくなるなぁ」と確信していました。だってみんなで絨毯の上に靴脱いで座るオーディオ試聴会って、他にあんまりないでしょ?

約1時間ほどで浅井さんがセッティングを終えると、ちょうどその頃に自宅から電車で来ていた三浦社長の到着。30分ほどかけて細かなチューニングを行い、ガッツのあるA&Mサウンドの完成です。

ちなみにこの日のオーディオシステムは以下のとおり。

パワーアンプ:ATM-2
コントロールアンプ:ATC-3
イコライザアンプ:ATE-2
アナログプレーヤー:TRANSROTOR Rondino FMD
スピーカー:Kiso Acoustic HB-1
CDプレーヤー:WADIA581

余談ですが、今回使ったパワーアンプのATM-2、運んでみて分かったんですが、見た目に比べて、異様に重い!
数あるA&Mのパワーアンプの中でも、ハイパワーアンプを除けば10キロ前後差をつけての最重量機です。
ATM-2はA&Mが真空管アンプメーカーとしてデビューしたATM-1(今はモデルチェンジしてATM-1Sに)に続いて登場したA&Mにとっての第二作目。
重さについて、「当時我々も気合い入れて作ってたんだろうな(笑)」とは三浦社長の弁ですが、事実、この機種は発売から10年近く経ってから海外オーディオ誌で絶賛されたというエピソードも持つ逸品ですが、重さの秘密は、製品ページにも書かれてある「防衛庁規格に適合する、タムラ製大型トランス」のよう。防衛庁規格?!

午後2時。BGMとして流していたキセル「凪」のCDをゆっくりフェードアウトさせ、お客さんはもちろん、僕も三浦社長も浅井さんも絨毯の上に座って、くつろいだ感じでスタ―ト。

前回はマイクを持ってやや緊張した空気に(主に僕が・笑)なってしまったところもありましたが、この日はマイクが無くても声が通るスペース。
それもあったので、マイクも使わず、高槻での視聴会のようにお客さんと普通に会話できるようなリラックスした雰囲気が作れたらいいな、と思っていたんですが、始めてみると、こちらがオーディオについて説明しているところに質問が飛んで来たり、逆に三浦社長が目の前のお客さんに質問を投げかけたりということも起こり、裸足で絨毯に座ってるアットホ―ム感と相俟って、「友達の家のいいオーディオでレコードをかけてもらってる」という、僕が思い描いていたくつろいだ空間にかなり近づいていたように思います(低いテーブルの下にイコライザアンプと昇圧トランスを潜り込ませてる感じがこれまた家っぽかったんです・笑)。

まずはいつものように大まかなオーディオの説明。今回はA&Mの知性派・浅井さんに難解な部分の解説をサポートしていただきながらの説明だったので、今までよりも分かりやすかったのでは……。
非常に基本的な説明のみだったのでこちらでは割愛しますが、知りたい方には当サイトの過去の解説記事を読んでいただければ。また、Phile-Web内の「林 正儀のオーディオ講座」がとても分かりやすくてオススメです。紙の資料としては「いい音を楽しむオーディオBOOK」が抜群に分かりやすいですよ。

そして前半は三浦社長より、いつものように色々なお話を織り交ぜながら、名録音のレコードを次々とかけていただきました。これまで数え切れないほどの試聴会を行ってきた三浦社長も、こんなスタイルでやったのは初めてだったようです。それでもすんなり受け入れてやっていただけるところが素晴らしいっ。

なんとこの日のこの時間、アメリカでもA&Mの試聴会が行われていたとのことで、期せずして「日米同時開催」というダイナミックな状況に。しかも向こうは立派なホテルで、こちらはユースカルチャー向けのスペースに胡座かいて……という見事に対照的な状態。Skypeでつないだら面白かったかもしれませんね。向こうの人に「さすが日本人、試聴会でも靴脱いで地べたに座るのか」などと誤解されそうですけど(笑)。

後半は勿論、お客さんの持ってきてくれた音源を聴いていただきました。
富樫雅彦ローランド・カークルイ・ヴェガ(いずれも聴かせていただいたのはアナログレコード)……と色々ありましたが、特にルイ・ヴェガでは、フロアユースの音づくりとリスニングユースの音づくりの違いを明確に感じるような音で非常に興味深かったです。持ってきていただいた方としては物足りない音、という印象だったようですが、ダンスフロアのサウンドシステムを想定したミックスなんですよね。PAとピュアオーディオの「高音質」は似て非なるものでしょうから、この辺りのことはまだまだ知るべきことが沢山ありそうです。

そしてこの日はほ〜ぷ軒もあったので、「ショップのおすすめ品」として、うつくしきひかりsim + otomoをかけてもらいました。

そんなこんなで絨毯の上でまったりしながら楽しく聴いていたら、気づけば予定していた2時間をとっくに経過。三浦社長より「ワルツ・フォー・デビィ」のレコードをかけていただいた後、「ひばり・いん・あめりか」より「マイ・ウェイ」で締めくくりました。

イベント終了後、杉本くんが片想い「踊る理由」をかけてくれたんですが、録音云々は別として、何この多幸感。楽しいっ!

さて、高槻の試聴室を飛び出し、若い人たちの集まる場所へオーディオシステムを持ち込んでの出張視聴会としては今回が2回目でしたが、単にオーディオショップのスペースを借りる形式では出来ない、「epokならでは」の、そして当視聴会ならではのイベントになったのではないかと思います。

高岡大祐さんが来てくださっていたり(ソファ席に座り、目を閉じて集中して聴かれている姿と、帰り際に挨拶させていただいた時に「やっぱりね、音楽が好きなんですよ!」と音楽への止め処ない愛情が溢れ出すような笑顔でおっしゃっていたのがとても印象的でした)、旧グと連続で来てくださる方もいらっしゃったりと、今回も嬉しいやら光栄やらで、感激しきりの一日でした。

冬、春と続いた出張視聴会も、特に計画的にやっているわけではなく、次が夏になるのか秋になるのか、そもそも次にあるのかも分かりません。でも、まだまだ聴いて欲しい人が沢山いますし、まだまだオーディオのことを誤解されている人も沢山います。僕では力不足という自覚はありますが、僕の代わりにやってくれる人や、これに似たようなイベントをやっている人も今はまだいません。ですので、条件が揃えばまたいつかどこかでこのような、若い音楽ファンに来てもらえる場所を設けたいと思います。その時は、まだ来てくれたことが無い人にも、ぜに遊びに来てもらいたいと思います。

というわけで、epokに来てくださった皆さん、A&M三浦社長・浅井さん、epok杉本くん、本当にどうもありがとうございました!

いい音を楽しむオーディオBOOK (SEIBIDO MOOK)
いい音を楽しむオーディオBOOK (SEIBIDO MOOK) 上田 高志

成美堂出版 2011-12-02
売り上げランキング : 57320

Amazonで詳しく見る by G-Tools